スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

消費税法の勉強方法

第66回税理士試験消費税法に合格しました。

検索からいらっしゃる方用自己紹介に今までの取得資格&勉強時間の画像を貼っておきます。
20161218a.jpg
24歳までフルタイムパートで1人暮らしという典型的ワーキングプアーの若者をしていました。
ゼロから勉強をはじめて、全経簿記上級をとったところで会計事務所に就職。
その後なんとか税理士資格に近づきつつあります。

■勉強方法その他
TAC 年内完結(通学)⇒年明上級(通信)
大原 直前模試パック
累計勉強時間 600~700時間(講義・理論暗記時間含む)

ちなみに相続税法を並走させていましたが、駄目な予感がしたので3月で切りました。
年内の勉強時間は相続>消費だったので、消費は100時間やったかやらないかぐらい。

■勉強量
・トレーニング 5周ぐらい
・TAC出版 消費税総合問題集基礎編 3~5周ぐらい
・TAC出版 消費税総合問題集応用編 3~5周ぐらい
・TAC答練 3~5周ぐらい
・大原直前模試 2周ぐらい
・過去問題集 3周ぐらい

基本的に配られた教材はできるまで繰り返し解く感じです。

■9月~翌3月まで
相続メインにやっていたので消費はそこそこ。
理論だけは1週間に一回転で音読していました。
年内は100時間やったかやらないかぐらいなので…消費は初学でも年明けからで間に合うのかもしれません。
もちろん年内に1周しているにこしたことはないですが。

やっといてよかった、と思うことは法人と同じく、「理論を早い時期から全ページ回転していたこと」です。
専門学校では、テスト等もあるので重要度の高いものから一題ずつ暗記させますが、理論は絶対に全体で覚えるほうが良いと思います。
法人の本試験でも消費の本試験でも、勝因は「理論を持って行った数の多さ」にあると思っています。
両年ともランクCからの出題だったので、そこを一言一句完答できたアドバンテージはかなりあったのかな、と。

専門学校から配られる理論ランク表は「A・Bさえ覚えてりゃいい」ってものではないです。
Aランクのものは、受験生全員がほぼ覚えているので、Aランクのものは一言一句かけなかったら即落ちる、ぐらいの「即死論点早見表」ぐらいで考えておいたほうがいいと思います。
一発合格目標なら理論は全部持っていきましょう。
理論の暗記方法については別記事参照

あと、消費の理論は法人・相続と比べて覚えづらいです。
理論マスター自体は薄いですが、結構骨が折れるので早い時期から取り掛かっておくに越したことはない感じ。
法人・相続は1時間で50Pを音読できましたが、消費だと1時間で30Pが限界でした。文字の分量が多いのかも。
約120Pあるので、月から木まで1時間ずつ1回転、土日で2時間ずつでもう1回転な感じで暗記しました。

■4月~本試験
TACで答練だけ出席&大原の直前模試パックを受講しました。
予備校で出題のクセも違うので、確実に仕留めたい人は直前期のダブルスクールはオススメです。

万全を期すため、通達逐条解説、国税庁質疑応答も3周ぐらい目を通しましたが、消費税については別にやらなくてもよかったかな?と感じています。
こんな感じで直前には答練10%以内に入れるようになりました。

■解き方
本当に、今さらなんですが、消費税の計算ってみんなどうやって解いてるんでしょう…。
最初は解答欄を目安で分けて、都度転記していたのですが、どうしても最初のスペースの配分がうまくいかないと解答用紙が汚くなるんですよね。
私の場合は、マーカーペンで分けてました。
20161218b.jpg
色分けの基準は以下のような感じで。
20161218c.jpg

売上は最初に問題を読みながら色分けしていって、仕入れのほうは普通のペンで課税区分を記入していきます。
20161218d.jpg

で、区分が終わったところで、最初からもう一度確認します。
確認が終わったら一気に転記。

課税区分をするときのペンはフリクションだと間違って分けてしまったときも訂正がききます。
4色のペンを使っていると机の上がごちゃごちゃするので、4本束にしてキャップ部分をセロテープでクルリと止めてました。
下図のようにキャップ部分を持って区分わけしていくと便利。
20161218e.jpg
ちなみに税理士試験でマーカーを持ちこんじゃ駄目って言われた事例もあるそうなので、保険のために4色ボールペンも持っていってました。(私のときは何も言われませんでした)

この方法でやると、解答用紙も綺麗に作れるし、仮計つくるより早いし、私としてはお気に入りです。

■まとめ
大事なことだから何度もいいますが、「理論ランクはアテにしてはならない」というのが身に沁みての実感です。
専門学校を信用するなということではなく、専門学校はあくまで補助輪であって、ペダルをこいで進んでいくのは受験生である我々なのだから、補助輪に頼りすぎては駄目だと思うのです。
一発で決めたいのなら、理マス+重要通達は書けるぐらいのつもりで、120%持っていきましょう。
私が自信を持って言えることはそれぐらいです。

消費税はミニ税法で、勉強分量は確かにほかの税法と比べると少ないです。
ただ、初学消費+初学相続の負担は、法人税の負担より重いと思います。
私が特に、一気にふたつのことをするのが苦手だっていうのもあるのですが…。
勉強時間の配分とか、考えることも増えますしね。
消費+ミニ税法だったら法人よりも負担が軽いかもしれません。

でも、私の場合、年内に消費+相続で2科目並走させていたおかげで、今年の相続が結構ラクです。
なんだかんだで、4年合格が目指せる位置にきたので、良い選択だったのではと思っています。

消費税はミニ税法だけど、油断しないでがんばることが大事だなと感じています。
以上、私の消費税を受けた感想でした。来年の本試験の計算問題はまともになってるといいな・・・。(涙)
スポンサーサイト
[ 2016/12/19 00:39 ] ■税務 | TB(0) | CM(15)

第66回 税理士試験 消費税法 合格しました

お久しぶりです。
第66回税理士試験、消費税法に合格しました。
20161216.jpg

いやあ・・・受かりましたね。
勉強方法などは後日記事にするとして、今の気持ちを綴ろうと思います。

今回の受験は、法人が終わってから消費+相続でやってたのですが、3月から消費一本に絞りました。
今だから言えることなのですが、法人試験後に体調を崩してしまったのです。
本当に命を削って勉強したのに、試験の感触がよくなかったので、自分自身に失望したのです。
法人をやってるときは、無理をして、悔しいこととか悲しいこととか思い出して、どんな日も多大な時間を勉強につぎ込みましたが、その結果として、試験が終わってもいろんなことのフラッシュバックが止まらなくなったりしちゃったりして。
なんだかんだで生きててよかったです。そんな感じの1年でした。

正直、ちょっと休みたいという感じでしたが、でも休んでしまうと、あれだけやった過去の自分を裏切ることになる。
必死の思いで繋いできたバトンを、今の私が放りだしてしまうことは、やってはいけないことだと思ったのです。
簿記2級から何年もかけてつないできたバトンは、簡単に放り投げられるほど軽いものではなかったんですよね。

やる気はでないし、自信もないし、苦しいし、投げ出したい。
そんな中でも、毎日ちょっとずつ、勉強をやりつづけたことが、今回の勝因だったと思います。
未来とか、明日とか、そういうものに頼らず、今日、今、やるべきことを最低限でもやってきた日々の積み重ねの結果。
本当にいろいろなことがあった1年ですが、結果がでたから、まぁ、いいか!!で終わらせようと思います!!!

とりあえず今日はのんびり祝杯をあげます。
一昨日と昨日で、落ちてたときのショックに備えて、好きなバンドのライブに2days参戦して生きる気力を補填してたのですが、満タンまで補填した生きる気力がゼロにならなくて良かったです。
今からニコニコで昨日のライブ中継をタイムフリーで見直しながらパーリーします(人´∀`*).。:*+゜゜+*:
紆余曲折あった五十嵐も生還して頑張ってるから、私も頑張るよおおおー。

*コメ返後日になります。すみません!ありがとうございます!
[ 2016/12/16 19:35 ] ■簿記 | TB(0) | CM(16)

たのしい簿記&経営分析セミナーやります

 こんにちは。何かとタスクがありすぎてヒーヒー言ってますが、
相続税は去年一通りやったので、なんとか授業についていけてる感じです。

*セミナー終了しました。来てくださった方はありがとうございました*

今回は簿記とのことで前半1時間は私がしゃべります。
パワーポイントを使ってやるのですが、パワポ作成にめっちゃ時間がかかりました(´`)
馬鹿だからアニメーション入れまくりました。当日ちゃんと話せるか不安しかない。
話すのが苦手なので、パワポに頼ってる感じなのです…orz
semi1.gif
前半の内容としては、簿記入門という感じなので、日ごろブログを見てくださっている方には物足りないかもしれません。
後半は所長の経営分析の話なので、簿記戦闘族の皆さんにも面白く聞いていただけると思います。

ちなみに現地に私がつかってたよれよれの教科書&日商1級合格したブログに書いた工原まとめノートも持っていきます。
たいしたものではないですが、たいしたものではないんだな、と確認できますので、ぜひご覧ください。笑

semi2016a.jpg

今回はもうだいぶ人が集まっているので、締め切るかもしれません。
参加希望の方はお早めにお申し込みください。

以上、宣伝でした(・v・)
[ 2016/10/04 12:53 ] ■簿記 | TB(0) | CM(2)

日々の徒然

こんにちは。最近めっきり私自身の日々の徒然を書かなくなってしまいました。
アラサー(28歳)になると自分を晒け出すのが恥ずかしいのです。
税理士受験夏休みの今ぐらいしか書けないので、最近のあれこれを記しておきます。

■MacBook
 ずっとタブレットが欲しいなあと思っていたのですが、電気屋に見に行って逡巡したあげく、MacBookを買いました。
しめて11万円。痛い。痛い出費だった。
しかし、今のところ使い心地が最高です。軽くて持ち運び性にすぐれているので、ソファーにだらんとしながらブログを書いたりネットをしたりできます。
iphoneとの連携もばっちりなので、写真のアップロード等も大変便利です。

20160821a.png


■身辺整理
 5年以上持ってるauスマホと、もらい物のiphone(未契約)を持っているのですが、auスマホを解約してiphoneをSIMフリーにしようと思います。
これが何かとめんどくさいのです。1ヶ月ぐらいは移行期間がかかる予定。
フリーのメアドを取りすぎて何が何やらわからない状態なので、メアド等も整理します。
いろんな混沌としているものを一本化する予定です、もしメールを送ったのに1週間以上戻ってこないみたいなケースはメール自体が闇に飲まれていると思われますのでご再送ください。

■YDO(=やればできる大人)
 試験中、主人のことを放置していたので、しばらくいい嫁キャンペーンをしようと思いたちました。
手始めにお弁当を作って、下がってしまった嫁P(嫁ポイント)を取り戻す作戦を立てます。
20160821e.png
しかし3日で疲れ果ててやめました。
かけうどんが主食の私が、YDOだということを多少なりとも示せたので、良かったと思います。(言い訳)

■フラグを立てる
 というわけで、話し方教室に通おうと思います。
大勢の前でしゃべる機会が増えると思うのです、というよりも
「そうなりたい」という方向性をみつけて、それに向けての準備をしておけば、何かしらのイベントが発生すると思うのです。
とりあえず転がってみないと、良い方向にも悪い方向にも転がらないので、今年は座学をほどほどにし、東京をころころします。
いろいろな人とも話そうと思うので暇な人は声かけてください。

■仕事が
 3年前に税理士事務所に就職してから、職場のメンバーに変動はなかったのですが、新しい人を募集するようです。
税理士事務所では初めて後輩ができるので、素直に楽しみです。
会計業界は超売り手市場らしく、いつ決まるのやらって感じですが、右と左を全部逆に入力して鼻で笑われる先輩にならないように頑張ります。
がんばって仕事しよう⊂((・⊥・))⊃

にほんブログ村 資格ブログへ
[ 2016/08/21 23:38 ] ■簿記 | TB(0) | CM(2)

税法理論の暗記方法

 以前から書こうと思っていた税法理論の暗記法ですが、やっと時間が取れました。
法人税法は1年で全理論、消費税法は半年で全理論を暗記(2、3個の捨て理論は捨てた)したので、
私の暗記方法を書き残しておこうと思います。
(暗記方法は十人十色で、人によって覚えやすい方法が違うので参考になるかは不明ですが)

■ペース配分について
私は、一題一題をひとつずつ覚えるのではなく、全体をまんべんなく回します。
全体をまんべんなく回したほうが、全理論をちゃんとムラなく覚えらえるのでオススメです。
専門学校のランク付けはアテにならないので、安全策を取るならば理論は全部持っていくべきです。

法人は1日1時間で50Pずつを音読、消費は1日1時間で30Pずつを音読。(かなり早口です)
これでだいたい1週間で1週+α回せます。
最初のうちは未学習のところは適当に流す感じで音読。
月曜は1〜30P、火曜は31〜60P、水曜は61〜90P、木曜は91〜120Pというように
1週間単位で、いつどこを読むかのローテーションを組んでおけばペースが崩れず良いと思います。

■覚え方
まず、理論をさらっと一読してみて、「流れで埋められるところ」を消します。
例えば消費税法の輸出免税の理論だと・・・
20160812c.png

ですが、例えばこの理論は最初は以下のように消します。

20160812d.png

この状態で音読してみてみると・・・何も見ずとも全て読めるはずです。
こういうふうに理論マスターで「前後の文脈から類推できるような箇所」を消していきます。
この状態で1、2週回したら、またちょっとずつ単語を消しこんでいきましょう。

20160812f.png
20160812g.png
20160812h.png

・・・というふうに。
助詞(てにをは)は一番最後でいいと思います。
助詞が残ってる状態でも理論の流れは覚えられているので、作文はできるはずです。
一気に消し込みを進めすぎると忘れやすくなるので、毎日毎日回しながらちょっとずつ消していきます。
1日で覚えた理論は1日で忘れますが、10日かけて覚えた理論は10日忘れません。

GWを目安に真っ白になっていれば、理論については安心だと思います。
ちなみに忘れてしまった場合は裏から透かせば読めます。

■理論マスターにいろんな情報を詰め込む
覚え方については以上ですが、私のオススメは「理論マスター全部載せ方式」です。
税法はとにかく教材が多く、情報が分散しているので、覚えたいことや通達などは理論マスターの余白にどんどん書き込んでいって、理論と一緒に回していくと忘れません。
情報を位置で整理できるので、本試験のときも理論マスターのあこらへんに書いたんだけどな・・・という思い出しかたができます。
20160812i.png
(理論の色分けは本法・施行令・施行規則。法人では色分けしませんでした)

専門学校の講師は「理論暗記は脳に汗を書いて苦労しないとできない」とおっしゃってましたが、この方法だとそこまで汗をかかずにラクに覚えられると私は思ってます。
覚えるというより、読むだけなので。
理論暗記に苦戦してる方は、やってみてください*\(^o^)/*

にほんブログ村 資格ブログへ
[ 2016/08/14 20:43 ] ■簿記 | TB(0) | CM(6)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。